個人情報の取扱いについて

Privacy

制定:2013年8月30日
最終改定:2019年6月25日
株式会社日本緊急通報サービス

1. 個人情報の利用目的について

  1. 当社は、直接取得する個人情報以外に、お客様から受託した業務の個人情報を取扱いますが、その利用目的は緊急通報サービス業務の遂行です。
  2. 当社が直接取得する個人情報の利用目的は以下のとおりです。
情報種別 利用目的
会員登録の個人情報 緊急通報サービス業務の遂行、本人確認・解約後の管理、その他連絡
お問合せで取得した個人情報 お問合せへの回答
資料請求で取得した個人情報 資料の発送、その他連絡
採用応募者の個人情報 採用選考、その他連絡
従業員の個人情報 雇用管理、給与処理、健康管理、福利厚生、その他連絡

個人情報を当社宛ご提供戴くことの可否決定は、ご提供者の任意によるものです。但し、ご提供戴かなかった場合には、当社サービスの提供、お問合せへの対応、雇用・採用事務等に支障を来たす場合があります。

2. 個人情報の委託について

当社は、利用目的の達成のために個人情報を委託することがあります。

3. 開示対象個人情報について

  1. 当社は開示対象個人情報として第1項(2)で直接取得したお客様の個人情報を保有しております。
  2. お客様は当社に対して、いつでも当社が有しているお客様の個人情報を開示するよう求めることができます。
  3. 開示の結果、当該個人情報に誤りがある場合は、お客様は当社に対して当該個人情報の訂正、追加又は削除を要求することができます。また、個人情報の利用目的の通知、利用の停止、消去又は第三者への提供の停止を求めることができます。
  4. 開示、訂正、追加又は削除、利用目的の通知、利用の停止、消去又は第三者への提供の停止を要求される場合は、個人情報に関する下記連絡先まで文書でご連絡ください。

連絡先 :苦情相談窓口責任者
〒107-0052 東京都港区赤坂三丁目21番13号
TEL:03-6435-5289 FAX:03-6435-5280

4. 匿名加工情報に関する公表

当社は国土交通省国土技術政策総合研究所とトヨタ自動車、高速道路会社6社が共同で行う「緊急通報情報を用いた事象検知支援」の実証実験※に参加します。
これに伴い当社は、トヨタ自動車に提供する緊急通報サービスの利用者を対象とし、高速道路上から路上障害となる緊急通報を受理した場合、通報場所を管轄する高速道路会社の管制センター等に緊急通報情報を提供します。
ただし、第三者に提供する緊急通報情報は、個人情報保護法その他の法令及びガイドラインを遵守し、特定の個人を識別すること及び作成に用いる個人情報を復元することができないよう、適切な保護措置を講じた匿名加工情報を作成し、実証実験に参加する高速道路会社に、匿名加工情報であることを通知し提供します。

※高速道路での路上障害状況を早期に把握し、上流側の車両に提供することで、2次災害の防止や早期の車線解放等を可能とする「路上障害情報の提供」に関する実証実験。

1. 匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目

・発生日時
・発生場所
・事案種別(事故/故障等)
・通報タイプ(自動通報/手動通報)
・会話成立可否
・負傷者有無
・走行可否
・位置情報 等

2. 第三者への提供方法

・通報場所を管轄する高速道路会社宛てにFAXにて送信。

3. 匿名加工情報作成日

実証実験期間(2019年7月3日より2020年3月31日)中、該当する緊急通報を受理した際に作成、提供する。

5. 認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申出先

認定個人情報保護団体の名称
一般財団法人日本情報経済社会推進協会
苦情の解決の申出先
個人情報保護苦情相談室
住所
〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号六本木ファーストビル内
電話番号
03-5860-7565
0120-700-779

※当社のサービスに関する問い合わせ先ではございません。

6. 個人情報保護管理者

株式会社日本緊急通報サービス 業務部担当常務取締役
連絡先 〒107-0052 東京都港区赤坂三丁目21番13号
TEL:03-6435-5289 FAX:03-6435-5280

株式会社日本緊急通報サービス
個人情報保護管理者