会社沿革

History
1996年8月
ITS(高度道路交通システム)の開発9分野が決定される
1997年7月
(社)新交通管理システム協会にてITS9分野のうち「緊急車両の運行支援」をベースにして「緊急通報システム分科会」が設立される
1998年9月
ITS「緊急車両の運行支援」の分野に基づき消防関係機関と民間業者による「緊急通報システムの検討に関する委員会」発足
1999年9月
株式会社日本緊急通報サービス 設立
2000年9月
車載機によるHELPNET緊急通報サービスを開始 セルシオ・シーマその他車種に搭載される
2002年6月
携帯電話向けのHELPNET緊急通報サービスを開始
2005年5月
トヨタ自動車「G-BOOK ALPHA」への標準搭載としてHELPNET緊急通報サービスが採用される
2005年8月
「レクサス」全車種への標準搭載にも採用される
2006年4月
ヘルプネットサービスの提供者数が10万人を達成
2007年3月
「2007年度MCPC award モバイルコンシューマー賞」受賞
2008年5月
ヘルプネットサービスの提供者数が20万人を達成
2009年7月
ヘルプネットサービスの提供者数が30万人を達成
2010年12月
トヨタ自動車が開発したスマートフォン向け「スマートG-BOOK」にHELPNET緊急通報サービスが採用される
2013年6月
ホンダ車にHELPNET緊急通報サービスが採用される
2013年11月
ヘルプネットサービスの提供者数が50万人を達成
2014年3月
プライバシーマーク認証取得
2014年12月
あいおいニッセイ同和損保「サポNAVI」にHELPNET緊急通報サービスが採用される
2015年11月
D-Call Net(ドクターヘリやドクターカーの出動を早期判断する救急自動通報システム)の試験運用に参画
2017年5月
ヘルプネットサービスの提供者数が100万人を達成
2018年4月
ヘルプネットサービスの提供者数が130万人を達成
現在に至る