運転時のいろんなトラブルに

自動車からの緊急通報サービス <注意事項>

注意事項

●ヘルプネットは、会員の方々の意志に基づき、警察・消防などへの関係機関に接続を行うサービスであり、直接、救助活動を行うものではありません。

●ヘルプネットは、緊急時以外の使用はご遠慮ください。

●ヘルプネットを通じた警察・消防などへの通報は、一般の通報と同様に処理され、優遇されるものではありません。

●ヘルプネットオペレーションセンターが受付けただけでは、道路交通法等の法令により義務づけられている 措置・通報義務を免除されるものではありません。

●氏名、住所、車両、車載機など、当社にお届けいただいている会員情報に変更があった時は速やかに所定の手続きに従い、変更の届を行ってください。変更の届け出がない場合、正確、迅速なサービスを行えない場合があります。

●その他詳しくは会員規約、ご契約のしおり、車載機のカタログ・取扱説明書をよくお読みください。

HELPNETがご利用できない主な場合

以下のような場合はHELPNETが提供できない、または本来のサービスが利用できない事があります。その場合は、一般電話等で直接関係機関に通報してください。

●「サービス開始操作」がされてないとき。

●電源が入っていなかったり、ヘルプネット利用に使用する携帯電話・スマートフォンが正しくブルートゥース接続されていないなど、車載機がヘルプネットサービス利用可能状態になっていない場合。

●車両衝突時の衝撃により、車載機が正常に作動しなかった場合。
車両の衝撃によって、車載機・携帯電話等に衝撃がかかり、機器が破損もしくは故障した場合、または携帯電話がホルダーからはずれてしまったとき等、車載機・携帯電話が正常に動作しないとき。
※ 車載機は衝突事故を想定した対衝撃性の特別な設計はされていません。
※ エアバッグ連動通報の機能を持った車載機であっても、すべての衝撃に対応できるものではありません。

●GPS(全地球測位システム)の電波が受信できない場所等、屋内、地下駐車場、山間部、トンネル内、ビルの陰等電波の届きにくい場所にあるとき。

●携帯電話の使用ができない場合等
車両が、ヘルプネットに使用する携帯電話サービスの使えない場所にある時、あるいは、電話サービスがかかりにくくなっている(ふくそう)とき。
【▼例】
・電話サービスの提供エリア外
・屋内、地下駐車場、トンネル、ビルの陰等、エリア内であっても電波の届かない場所にあるとき
・海外にあるとき。

●特定電話サービスを利用しているとき
携帯電話にてヘルプネット利用の障害となるような機能設定や、電話サービスを利用してるとき。
【▼例】
・ドライブモード、ダイヤルロック、発信禁止、留守番電話など、電話の受発信に制限が加えられるサービス全般。

ページのTOPへ戻る