運転時のいろんなトラブルに

自動車からの緊急通報サービス

事故・急病・車両トラブルから病院情報まで…運転時のいろんなトラブルはおまかせください。
単に搭乗者のケガ・急病だけでなく、被害者や第三者の緊急事態の対処、あるいは車両トラブルへの救援要請にもご利用できます。GPSで車の位置を正確にキャッチし、消防・警察などの所轄窓口へダイレクト接続。オペレータが素早く状況を確認し、てきぱきとリードいたします。

動画で見る 自動車からの緊急通報サービス

1:緊急通報システム「HELPNET」の仕組み
2:エアバッグ展開に連動した自動通報の例(トヨタ・クラウン編)
3:エアバッグ展開に連動した自動通報の例(ホンダ・アコード編)
4:急病に見舞われた場合の手動通報の例(レクサス・IS編)
5:「HELPNET」の将来展望

<HELPNETの仕組み>

ご利用いただけるサービス

①緊急通報サービス

HELPNETは、ITS(高度道路交通システム)のひとつ、「メーデーシステム」と呼ばれる緊急通報システムの技術を利用した新しいサービスです。

②ロードサービス

トヨタ自動車(株)レクサス会員の方のみにご利用いただけるサービスです。その他車種の会員の方には、ロードサービス提供会社様の連絡先をご案内いたします。

ご利用の流れ

ここがポイント!:HELPNETは、GPS衛星で位置情報を取得します!

車載機のボタンを押すと、車載機から現在位置及び走行軌跡データがオペレーションセンターに自動発信されます。データ通信により送られた現在位置や車両情報を把握し、HELPNETが通報者との会話・要請により警察・消防・ロードサービス等の救助機関に接続します。

ご利用シーン

物損事故

物損事故が発生したとき、所轄の警察・消防への接続を行います。

人身事故

人身事故が発生したとき、所轄の警察・消防への接続を行います。

急病人・ケガ人の発生

運転者や同乗者が急病等に陥ったとき、所轄の警察・消防への接続を行います。

その他の緊急時

犯罪等による緊急事態が発生したとき、所轄の警察・消防への接続を行います。

故障・医療機関情報<レクサス会員向け>

ロードサービス・医療機関情報の提供先に接続します。

例えば…

  • 車で移動中に子どもの体調が悪くなってしまった
  • 休日に診察してくれる病院を知りたい
  • キーを車に入れたままロックしてしまった
  • 車がパンクしてしまった
  • 車の衝突事故に居合わせた
  • 車上荒らしにあった
  • 人をはねてしまった
  • エンジントラブルで車が突然動かなくなってしまった

交通事故の衝撃等により車載機が故障した・携帯電話がつながらない等、HELPNETをご利用できない、または本来のサービス利用できない場合があります。

詳しくは注意事項のページをご参照ください

ご利用方法

入会手続きについて
ヘルプネットサービスは、自動車メーカー様がユーザー様向けに提供するテレマティックスサービスに含まれるコンテンツの1つです。
ヘルプネットサービスのご利用には、各自動車メーカー様が定める方法により入会手続きをしていただくことが必要です。
詳細は、各自動車メーカー様のホームページ、販売店等でご確認下さい。
サービス開始操作について
入会手続きを完了されますと、機器が正常に稼動するかを確認する「HELPNETサービス開始操作」の手順がカーナビ画面上に表示されますので、画面の指示に従い開始操作の実施をお願いいたします。
サービス開始操作が完了して初めてヘルプネットサービスがご利用頂けます。
ご利用料金について
ヘルプネットサービスは、自動車メーカー様がユーザー様向けに提供するテレマティックスサービスに含まれるコンテンツの1つであり、利用料なしでご利用頂けます。(ご利用に際しての通信料は会員様のご負担となります)
詳細は、各自動車メーカー様のホームページ、販売店等でご確認下さい。

対応車種・カーナビ

ヘルプネットサービスが利用できる車種・カーナビは、各自動車メーカー様(※1)の設定によります。

※1:トヨタ車(レクサス・トヨタ)、ダイハツ車、スバル車、マツダ車、ホンダ車詳細は、各自動車メーカー様ホームページ、販売店等でご確認下さい。
尚、ヘルプネットサービスをご利用頂くには、上記カーナビと携帯電話、またはスマートフォンを接続して頂く必要があります(※2)。

※2:一部カーナビには、通信機能をカーナビに内蔵したタイプもあります。また、カーナビに接続可能な携帯電話、スマートフォンについては、各自動車メーカー様のホームページ、販売店等でご確認下さい。

ページのTOPへ戻る